No.9

Perfect Spot for a Romantic Dinner

雰囲気はNo.1。セブで至福のひとときを。【No.9】


NO. 9へようこそ

今回はPlaza Nouvelleというショッピングモールの向かいにある
雰囲気抜群なレストラン「No.9」をご紹介します。
セブといえば「南国」「語学学校」「ローカル」といったものを
イメージされる方も多いと思います。

しかし今回紹介する「No.9」では、
洗練された雰囲気の中でディナーを楽しめます。
一流シェフによって作られる料理はとても繊細で、

一品一品特別な記憶になること間違いありません。
創作スペイン料理はここ「No. 9」でしか味わえないものばかりです。

おすすめの一品

さっそくNo. 9のおすすめの一品を紹介ていきます。

PISTO/ピスト

PISTO 340ペソ
ピストとはスペイン版ラタトゥイユといったところでしょうか。
ズッキーニ・ナス・豆などの具材を甘くなるまで炒め、トマトで煮込んだものです。
上に半熟のウズラの卵が乗っており、トマトの酸味をまろやかにしてくれます。
全ての食材の味がうまくマッチして、深いコクと旨みを感じられます。
「NO. 9」に訪れた際はぜひトライして欲しい一品です。

もっと絶品グルメを見ていきましょう

FISH /白身魚のバナナリーフ蒸し

FISH 490ペソ
メニュー名はFISHです。

No.9」はメニューに写真がないのでこれを参考にしてください。
バナナリーフで蒸された白身魚の上に、

細かく刻まれた野菜のソースがかかっています。
バナナリーフのおかげで魚はまったく臭みがなく、

野菜のソースととても良くあい口の中でほろほろと解けます。

PULPO /プルポ

PULPO 220ペソ
プルポと読みます。これはタコと薄揚げにしたポテトをあわせたおつまみです。
皿の周りが赤くなっていますが、これは模様ではなくソースが皿に塗られてるのです!
(ソースは少し辛いので、お子さんが触らないよう注意してください。)
ちょっとしたおつまみでも、味も見た目も楽しませてくれるのが「No. 9」です。

Calabaza Salad/パンプキンサラダ

Calabaza Salad 290ペソ
カルバザとはスペイン語でかぼちゃのことです。
ルッコラなどのグリーンリーフの上に
薄くスライスして揚げられたたかぼちゃが乗っています。
このかぼちゃがパリパリと食感のアクセントになって箸がとまらなくなるでしょう!
りんごの入った少し甘いドレッシングでいただきます。

こだわりのフレッシュジュースもおすすめ!

No. 9」は、カクテルやワインの種類も豊富でとてもおいしいのですが、
それだけでなくフレッシュジュースもおすすめです!
左のグラスは、きゅうり・パイナップル・カラマンシーを

ブレンドしたフレッシュジュースです。
変わった組み合わせですが、爽やかでとてもおいしかったです。
右のグラスは、フレッシュオレンジジュースです。

赤い傘の飾りがアクセントになっています。
こういった気遣いがうれしいですよね!

お店の雰囲気

入り口側、ソファア席、長テーブル、テラスという風に
座席にバリエーションがあります。
天井が高く開放感があり、テラス席では庭の眺めを楽しめます。
店内席は50席ほどあり、会社などのパーティーで貸切利用もできます。

店内はクラシックな雰囲気ですが、随所にオーナーのこだわりが見えます。
赤い紐で出来たロープのライト、壁にペイントされた絵、木目の長テーブル
すべてが調和しており、この特別な雰囲気を作っているのでしょう!

店の真ん中には独立したバーカウンターがあります。
一人でおいしいワインやカクテルを飲みながら

大人の時間を過ごすのもおすすめです。

「No.9」はいかがでしたでしょうか。
恋人と過ごすロマンチックなディナー、大切な人の送別会、
一人バーでもの思いにふけるもよし。
「No.9」は訪れる人にあった特別な時間を

演出してくれること間違いなしです。


店舗情報

店舗名: No. 9
所在地: 9 E. Benedicto Street, Ramos, Cebu City
電話番号: 032 2539518
営業時間: Sun – Sat: 5:00pm to 1:00am
支払い方法: 現金/クレジットカード
Wifi: 有
電源: 無
喫煙所: 無

コメント

タイトルとURLをコピーしました